デリケートな妊娠初期のオナヤミ|予期せぬトラブルをブロック

医師が勧めるマカ

先生

マカは男性の精力増強に効きます。摂取にはマカサプリを使うのが普通ですが、最近は女性にも不妊治療に効果があるということで人気があります。ただし場合によっては使用を控えた方が良いこともあるので、使用する時は医師に予め相談することが大切です。

もっと見る

ママと赤ちゃんの成長の為

妊婦さん

昔の人は妊婦に対し「赤ちゃんの分まで二人分食べましょう」と言いがちですが、母体と胎児に必要なのは食べる量ではなく栄養バランスのとれた適量の食事です。タンパク質・ビタミン・カルシウム・鉄分が豊富な食品を上手に食事に取り入れましょう。

もっと見る

つわりがない人と注意点

妊婦さん

妊婦さんが初めに直面するのがつわりですが、中には全く感じないという人もいます。ストレスと密接な関係があるといわれていて、ストレスをうまく発散できる人はつわりを感じにくいです。妊娠中は赤ちゃんにも栄養が必要です。特に鉄分、葉酸不足には注意し、積極的に取りましょう。

もっと見る

初期に気を付けること

医者

妊娠していることが分かったらなるべく無理のない生活をしましょう。妊娠初期には流産する可能性もありますが、この時の流産に関しては母体に要因がある訳ではなく胎児の初期異常のケースが多いのであまり考えすぎてはいけません。4週から5週目で胎嚢が確認されて、7週目から8週目に心拍が確認されます。心拍が確認されたら第一段階はクリアしたと思ってください。しかし、妊娠中には安心という言葉がないように、無事に出産するまで何が起こるか分からないのです。特に初期はトラブルが多い時期でもあるので、精神的にストレスにならないようにゆったりと過ごすことが大切です。妊娠初期や妊活時に葉酸を摂取しておくと、初期異常のリスクが軽減されます。予期せぬトラブルをブロックしましょう。

妊娠初期はまだお腹も目立っていませんが、見た目では妊婦と分からなくても身体の中は目まぐるしく変化していますし、つわりが酷い時期でもあります。安定期に入って胎盤が完成されるまでにつわりを経験する人が大半を占めます。中には全くつわりがないひともいますし、出産ギリギリまでつわりが治まらないケースもあります。妊娠は人によって現れる症状などが異なるので、人と比べず無理せず過ごしましょう。また、妊娠中に摂取した栄養は胎盤を通して胎児に与えます。妊娠初期はまだ胎盤が完成していないので大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、タバコやアルコールなどは流産や早産のリスクを早めてしまうので、妊娠中や妊活中の場合は控えるようにしましょう。